緑でサラナ

悪玉コレステロールの危険性

血中コレステロール値の異常で特に問題になるのが、LDLコレステロールの値、この数値が高いと動脈硬化の危険度が高まります。
よってLDLコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれています。

 

LDLは体全体の組織にコレステロールを運搬する働きがあります。
LDLによって運搬されたコレステロールは、それぞれの細胞で使われますが、運ばれたものが多すぎると、使われなかったものが血管壁に沈着されてしまいます。
これが増え続けると、血管腔は狭くなってしまい、血液が流れにくくなったり、血管が破れやすくなったりします。
こういった状態は体のどの部分でも起こりますが、心臓で起きれば心筋梗塞や狭心症、脳で起きれば脳梗塞や脳卒中など、最悪の場合は死に至る疾患を起こすこともあります。
心臓や脳で起こって命を取り留めたとしても、重い後遺症が残ることも多く、不自由な生活を強いられることになります。

 

コレステロールの数値、とくにLDLコレステロールの数値が高い場合は注意が必要です。

コレステロールのエステル型と遊離型

コレステロールには、遊離型エステル型の2種類があります。
この2種類は時と場合によって姿を変えて体の中を移動します。

 

肝臓で作られるコレステロールは遊離型をしており、肝臓から血液中を移動する際にエステル型に変わり、全身の組織に運ばれます。
しかし、このコレステロールが過剰になり使いきれず余ってしまうと、エステル型に姿を変えてしまいます。

 

また遊離型は脂肪膜に存在するのに対し、エステル型は細胞の中に溜まります。
構造の違いもあり、遊離型はコレステロール骨格から表面に飛びたした部分が水酸基ですが、エステル型は脂肪酸です。
遊離型からエステル型に姿を変える時に、脂肪酸が結合するためです。
水酸基は水に溶けやすいという性質を持つため、遊離型は存在する細胞膜から難なく通り抜けることができますし、自由に動くことができます。
それに対し脂肪酸は、水には溶けません。
エステル型は細胞内にとどまり、細胞壁に付着します。

 

これが動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

 

四種類の脂質

コレステロールは脂質の一種であり、水には溶けません。
ですので、このままの形では、水を主成分とする血液中を動き回ることは出来ないため、たんぱく質と結び付いてリポたんぱくという粒子に姿を変えます。

 

リポたんぱく質はコレステロールを全身に運ぶための輸送船のようなものです。
この輸送船はコレステロールだけではなく、中性脂肪、リン脂質、そしてたんぱく質を全身に運んでくれます。
これらは体にとって重要な成分であり、中性脂肪は活動するためのエネルギー源であり、体温を保ったり、臓器を守るためのクッション的な働きも担っています。
リポ脂質は細胞膜の材料であり、人体全ての細胞を守る働きをする他、新陳代謝で新しい細胞が作るための必要な成分でもあります。

 

遊離コレテロールとリン脂質は、水に馴染みやすい性質があるため、リポたんぱく質の外側に存在し、水に馴染みにくいコレステロールエステルと中性脂肪は内側に存在します。

 

このようにリポたんぱく質は外側と内側の2重構造になっていますので、血液中を自由に移動することができるのです。"

高コレステロールの片頭痛への影響

頻繁に起こる片頭痛で鎮痛剤を手放すことができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

片頭痛の原因は、気圧の変化やストレスなど、さまざまなものがありますが、コレステロール値と深い関係があることはあまり知られていないことです。
ある研究によると、片頭痛が起こっている人の血液検査を行ったところ、LDLコレステロール値の高さと比例していることが分かったのです。
また、片頭痛が改善した時にはLDLコレステロール値も改善していたことが分かっています。
さらには片頭痛がある人はそうでない人と比較すると心臓発作の発症リスクが2倍になるという報告もあります。

 

現在、高コレステロールが片頭痛を引き起こすことに関する詳しい因果関係は分かっていませんが、コレステロールによって引き起こされる動脈硬化で脳血管が狭くなり、多量の血液が流れる際に痛みを引き起こしているのではないか?と考えられています。

 

これらを考えると、鎮痛剤などによる対処療法よりも、根本治療として食生活などの見直しを図ることが優先となると考えられますよね。

 

高コレステロールの薄毛への影響

不規則な生活や高カロリーの食事に偏りがちになる私たち現代人にとって、コレステロール値は配慮すべき項目であるといえるでしょう。
その理由は、健康維持のためと思いがちですが、薄毛にも影響するから…なのです。

 

高コレステロールになる原因は、遺伝や病気によることも考えられますが、飲食やストレス、運動不足などが指摘されています。
この現象によって、血管の内壁にコレステロールが蓄積していき、血管が弾力性を失い、血液が流れにくい状態を作りだします。
さらにコレステロールを多く含んだ血液はドロドロで血管をスムーズに流れることができません。

 

これによって、全身に血液を循環することができなくなり、頭皮の毛細血管にまで育毛に必要な栄養を運ぶことができなくなってしまうのです。
特に、頭皮の毛細血管は大変細く、コレステロールによる動脈硬化の影響を受けやすいと考えられます。

 

つまり、薄毛を改善するためには、コレステロール値を改善することと深い関係があるといえます。

 

黄色腫症と高コレステロールの関係

黄色腫症とは、皮膚に漏れ出た脂質が黄色の塊となって大きくなっていくものです。
痛みやかゆみはありませんが、ひじや膝、アキレス腱、手甲の腱、まぶたなどに起こりやすく、日本国内でも罹患者が比較的多いとされています。

 

脂質の塊の発生場所や形状、大きさなどは、それぞれ異なりますが、その原因は、遺伝子に起因する家族性脂質異常、肝臓・腎臓・膵臓などの疾患、糖尿病などの合併症で起こる二次性脂質異常などが多く、血中のコレステロール値が高くなったことによって引き起こされるということが指摘されています。

 

脂質異常は、血液中のLDLコレステロール値の上昇によって起こるものもあり、黄色腫症においては、この数値を基準とすることになります。
そのため、有効な治療方法として薬物治療と並行して行われるのが食事療法です。

 

高カロリー・高コレステロール・高脂質の食事を避け、野菜や果物、魚などを用いた低カロリー・低脂肪・低炭水化物の食事を心掛けることが必要となります。