緑でサラナ

悪玉コレステロールを下げる重要性

数値が高くなると危険とされる悪玉コレステロールですが、その理由はなぜでしょうか?

 

そもそも、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは、からだ中に張り巡らされた血管を通る血流に乗って、各細胞へと届けられて有効活用されています。
しかし、悪玉コレステロールが増えすぎると、血管の内側にこびりついてしまい、血管のしなやかさを奪ったり、血液の通り道を塞いでしまう原因となってしまうのです。
その結果、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などのリスクを高めてしまうことになります。

 

また、高血圧や糖尿病、痛風、脂肪肝などの病気を発症した人の血液を調べたところ、悪玉コレステロールの数値が高い人が多く、さまざまな病気を発症する原因であることが指摘されています。

 

悪玉コレステロールは、何らかの病気を発症することを未然に防ぐことができる参考となる数値です。
治癒が困難な症状が現れる前に、日頃の生活習慣を見直して悪玉コレステロールを下げるようにしましょう。

 

 

悪玉コレステロールを下げる食品

悪玉コレステロールを下げるには、その効果がある食品を積極的に摂取することも方法のひとつです。

 

その代表的なものが青魚です。青魚といえば、サンマやイワシ、アジ、マグロ、ブリなど、背中が青い魚のことを指します。
実はこれらの魚には肝臓でつくられる中性脂肪の合成を抑制したり、善玉コレステロールを増やすために不可欠なDHAやEPAという成分が豊富に含まれているのです。
その他にも、タウリンを多く含むカキやイカ、アサリ、ホタテなどの貝類も有効です。

 

野菜では、水溶性食物繊維を含むもずくなどの海藻類、エシャロット、にんにく、ごぼう、納豆、アボカドなども効果的です。
さらに血中コレステロールを低下させるはたらきがあるSMCSを豊富に含むブロッコリーやキャベツの芯なども大変有効だとされています。

 

調味料に目を向けると、酢に含まれる酢酸は血液中のコレステロール値を下げる効果や脂肪を燃焼させて中性脂肪にも効果を示すといいます。
特にクエン酸が多く含まれる黒酢やリンゴ酢は手軽に活用できそうですね。

 

 

悪玉コレステロールが上がる原因

悪玉コレステロールが上がる原因として挙げられるものに、食生活があります。
これは、コレステロール自体が多く含まれている脂の多い食事をしたり、悪玉コレステロールを増やす原因となる中性脂肪につながりやすい炭水化物や糖類を過度に摂取することにあります。

 

また、アルコールを肝臓で分解する際に悪玉コレステロールが増えるため、過度の飲酒も要注意です。
運動不足もまた脂肪を燃焼することができないので悪玉コレステロールを上げる原因と指摘されることが多くあります。

 

意外なところでは、過度のストレスが原因となることもあります。
それは、ストレスによって交感神経が刺激されて副腎皮質ホルモンのはたらきを活発にすることで、遊離脂肪酸を増やし、悪玉コレステロールを誘発してしまうのです。
また、女性の場合は更年期以降に女性ホルモンの分泌が減少したことが原因となることもあります。
その他にもタバコに含まれるニコチンや遺伝によるもの、治療薬の副作用によるものなど、個人によって原因が異なるため、ひとつひとつ特定しながら改善していく必要性があるのです。

 

気になるコレステロールを食事で改善する時には

健康診断などで、コレステロールが高いことを指摘されたことはないでしょうか。
運動不足を解消することや、栄養バランスのとれた食事をすることが、コレステロールの改善に重要です。

 

脂っぽい食事を減らせば良いイメージがありますが、具体的にどんな食事を心がけたらいいのでしょうか。

 

コレステロールを下げる効果がある食材として、ブリ、いわし、アジなどの青魚が推奨されています。
青魚にはエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸が豊富に含まれており、血液中の中性脂肪値を下げる働きがあります。
エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸によって、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことが期待できます。

 

青魚を調理する時には、熱をかけすぎないようにしましょう。
ドコサヘキサエン酸も、エイコサペンタエン酸も、熱に弱い成分です。
サプリメントを使うことで、食事に青魚を調理して出す手間をかけずに、必要な栄養成分を補給することができます。

 

コレステロール値を下げるために、ダイエットに励む人もいますが、やみくもに食事制限をしていたのでは、効果がありません。
炭水化物や、甘いものを控えることでダイエットをしたいという場合は、他の栄養素が多くなりすぎないように注意しましょう。
食事内容の見直し方が間違っていると、せっかく体重が落ちたとしても、コレステロール値は逆に増えてしまうこともあります。

 

肉や卵、油脂などを食べるのではなく、野菜や海藻、キノコ類を意識した食事内容に改善することで、これを防ぐことができます