緑でサラナ

閉経後の生活習慣病に注意

女性ホルモンによって女性の体は守られています。
しかし、閉経を迎えると女性ホルモンは分泌されなくなり、今まで女性ホルモンによって回避されてきた病気にも罹る恐れが出てくるのです。

 

たとえば、女性ホルモンであるエストロゲンには血液中の悪玉コレステロールを抑制させる作用があります。
しかし、エストロゲンが分泌されなくなると、その作用がなくなり、血管が硬くなり、コレステロール値が上昇してしまいます。
動脈硬化心臓疾患、高血圧、肥満などの生活習慣病を引き起こすリスクが急激に高くなってしまうのです
40代での生活習慣病を罹っている割合は男性の方が圧倒的に多いのですが、閉経を迎える年代では女性の割合がぐんと増えてくるのはそのせいです。

 

閉経を迎えたら、今までのような生活習慣ではいけません。
肥満やコレステロール増加に気を付けた生活を送るようにしましょう。
食生活は野菜中心に、そして適度な運動も生活習慣病予防になりますので、意識して行うようにしてください。

 

サプリや緑でサラナのような補助食品を利用するのもよいでしょう。
特におすすめなのが緑でサラナです。
緑でサラナにはSMCS(天然アミノ酸)が含まれており、血中コレステロールを低下させることができます。

 

女性ホルモンが減少し始める更年期には、緑でサラナで上手にコレステロール対策することをお勧めします。

肥満の健康にもたらす影響

過食や運動不足は肥満の原因となります。
肥満がなぜ体に悪影響を及ぼすか、それは体脂肪が増えてしまうためです。

 

体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。
皮下脂肪は、皮下に蓄えられる脂肪のことで、増加すると骨や関節に負荷がかかってしまい変形性関節症や腰痛の原因となります。

 

また、胸周りや腹部についた脂肪により肺が圧迫され睡眠時無呼吸症候群の原因ともなります。

 

内臓脂肪は、中性脂肪をため込む作用があります。
エネルギーとして使用されなかった中性脂肪は、肝臓に溜まり、脂肪肝の原因となります。
また、内臓脂肪細胞が肥大すると、アディポサイトカインという物質が分泌異常を起こしてしまいます。
これが、耐糖能異常や高血圧、脂質異常症などの原因となりメタボリックシンドロームを引き起こしてしまうのです。

 

メタボリックシンドロームが進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化を発症する恐れがあります。
肥満は見た目だけの問題ではではなく、健康にも悪影響を及ぼすことを十分に認識する必要があるということです。